*

デジタル空間に存在する無料の情報と週刊エコノミストの違い

投稿日:2016年10月7日 更新日:

日本国内の不況が叫ばれる中あらゆる人が経済情報に注目し、少しでも利益を得ようと躍起になっていますが役に立つ経済情報の多くは無料デジタルサービスの利用だけでは手に入れる事ができません。

週刊エコノミストで手に入る情報について

経済情報誌の週刊エコノミストは日夜変化する経済情報を週刊という発行ペースの速い雑誌に収める事で、世界中の経済情報をほぼリアルタイムに近い形で提供できる雑誌です
最近ではFXや為替をやる人が増えているため世界中の金利情報等を軸に情報提供をしており、この影響もあり発行部数を伸ばしている雑誌です。
この他にも経営者のインタビュー記事は数少ない経営者視点での経済分析を見る事ができる貴重な機会なので、多くの個人投資家等から絶大な支持を得ています。
また日本国内でオリンピックが開かれる影響もあり、それを経済視点から分析した記事は大手経営者のみならず個人経営者まで目を見張る内容になっているため、非常に人気です。

>>dマガジンを試す

dマガジンを利用して週刊エコノミストを閲覧するメリット

紙に書かれた情報というのは情報端末を使わなくても閲覧できるため非常に便利です。
しかし昨今のメディアの展開範囲の拡大化を鑑みると紙に書かれた情報は整理しにくく現代の生活に沿った情報収集方法とは言えません。
dマガジンによる定期購読の場合週刊エコノミストだけでなく他の雑誌の経済情報も閲覧できるため、一つの情報で盲目的に経済情勢を判断するのを防ぐ事ができます。
また忙しい人でもスマートフォン等の携帯端末があればdマガジンのサイトにアクセスするだけで簡単に経済情報を閲覧できます。
スマートフォン等の携帯端末を使った閲覧は紙の雑誌が届くのを待つ必要がないため、リアルタイムであらゆる情報を閲覧できるのがメリットです

>>dマガジンを試す

無料サービスよりもdマガジンが優れている理由

経済情報というとあらゆる会社の利益等の数字に目が行きがちですが、これらの数字は全て人の行動によって変わるため全て感情の変化によって現れているといっても過言ではありません。
そのため情報をあらゆる視点から確認して正確な状況を掴むためにはdマガジンで週刊エコノミストを含めたあらゆる経済情報雑誌の情報を閲覧し、判断する必要があるのです。

>>dマガジンを試す

dマガジンを使いこなす方法について

最初は膨大な情報量が故に情報を集める前から諦めてしまう人が多いのですが、dマガジンでは初回登録から31日間は無料で利用できるため、どういった経済情報を掴めばよいのかをゆっくりと体感していけるためdマガジンは経済情報初心者の方にもお勧めできるデジタルサービスと言えます。

-コラム記事

Copyright© dマガジン.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.